その瞬間その時の判断が、最善であり最良である。

その時、その瞬間の判断が最善なのだ。その時、しっかり考えて頭をよじらせて知恵を絞ってできる限りのことをして考えて行動した結果なので、その人にとっては最善最良なのだ。

その結果、それを行った何年後かに、その判断や行動が良かったなど、その結果を振り返ったまさにその時で、どうにでもなり得るのだ。

ある瞬間では、最悪だった、失敗だったと思ったとしても、その数時間後、数か月後、数年後には、やっぱりあの時の判断は、間違いではなかった、成功だったと思うかもしれなし、その可能性は十分あり得る。

成功や失敗は結局のところ、そのどちららかということを考えたその時(もしくはその瞬間)でどうにでもなり得るものである。

さらに言えば、成功か失敗かなんていうのはそもそも無いのだ!

今この瞬間を前に向かって精一杯生きることそれだけだ。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました