競輪 万車券の型「ABC」を極める

全般

万車券の型で特に高配当のイメージが強い「ABC」型をもう少し詳しく見ていきます。

万車券「ABC」型とは

是非とも覚えておいてほしいので、もう一度おさらいします。

「ABC」型は、競走得点上位3車(Aブロック)から1車、上位4~6車(Bブロック)から1車、下位3車(Cブロック)から1車、からできる3車の組合せの型を言います。

今回もまず、3連複での組合せで考えていきます。

「ABC」型の留意点

各ブロックから1車ずつの組合せなので、全部で27通りありますが(3連複の場合)、これを全部買っていくとなると、ちょっと無理があります。そこで、ここから如何に点数を絞るかということですが、やはりここでもラインを利用してその点数を最大限絞っていきます。例としては、「ABC」型に決着した実際のレースで説明した方が分かりやすいので、以下に見ていきます。

「ABC」型 万車券の例 2020年3月12日 京王閣競輪 10レース

1.まず車番を競走得点で並び替えをします。

さらに型の組合せに沿って車番を当てはめていくと次のようになります。(3連複の組合せ)

2.次にこのレースの並び(ライン)をみてみます。

今回このレースの並び予想は、62 138 74 95となるようなので(ネット情報や予想紙を参照)、ラインの一部になる組合せは、

6-2、1-3,1-8、3-8、7-4,9-5の6通りあり、これらを含む組み合わせは

以下の黄色の組合せになります。

 

全部で15通りもあり、これをすべて買うのもまだ多すぎます。ということで、さらに絞り込んでい行きます。

3.万車券データから得たことですが、ラインの構成で一番車数の多いラインを含む組み合わせのものが、

「ABC」型の場合は多く出現することを発見しました。これをもとにさらに絞り込んでいきますと、

今回の場合、ラインの構成車数で一番多い車数は3車つまり、138のライン(他は2車です)になりますの

で、1-3,1-8,3-8を含む組み合わせになりますので、これ含む組み合わせををさらに絞り込みます。

すると以下の赤の組合せが該当します。

ということで、今回は黄色と赤の両方を満たす組合せが、今回購入する「ABC」型の組合せとなります。

3連複で、3-2-8、3-7-8、3-5-8、1-2-8、1-7-8、1-5-8の計6点

3連単なら、これをBOX買いして、計36点です。

結果は、3連単 7-3-8 ¥127,110

3連複 3-7-8 ¥17,970となっています。

 

このぐらいの点数なら、今の自分でも投資できる金額なので、積極的に買ってもいいかなと思っています。

 

また、この例では、1ライン3車が一番多いラインになっているので絞込みできたのですが、

ラインが3分線の場合などはこの絞り込みは使えません。なぜなら一番多いライン車数が3車なのですべての

ラインを使用することになり絞り込みにならないからです。

また、すべてこのラインにより絞り込みでうまくいくとは限りませんのであしからず。(データによると、型「ABC」決着の約1/3がこの条件を満たしていませんでした。)絞ったばっかりに、せっかく「ABC」型でありながら外すということになってしまいます。

まだまだ絞り込みに関しては、研究の余地ありですので、今後わかり次第披露していきたいと考えています。

ということで、この型「ABC」を車券購入作戦にご活用してみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました