競輪 万車券パターンの点数を絞る!(その2)

全般
マイホーム特観

(続き)

点数が多い万車券パターンの買い目ですが、並び(ライン)の一部に含まれるかどうかで、

点数を絞ることとします。

その前にデータをもう一度見直し、万車券パターン別で、どのくらいラインの一部になっているのかを

洗い出しします。

万車券パターンと並び(ライン)の融合

万車券パターンは、ABCとACです。(パターン詳細はこちら

データは2020年1月分のうちの、大万車券(10万円以上100万円未満の配当)データのみを使用します。

(データがあまりにも少ないですがご了承ください)

 

まず、ABCパターンですが、出現数は、56回中26回出ています。出現率は46%です。

そのうち、並び(ライン)の一部になっていた回数が、26回中16回です。出現率は61%とかなり高いです。

ということは、ABCパターンの組みあわせのうち、ラインの一部を含む組み合わせを購入すれば

的中しやすいということになります。

 

次は、ACパターンです。

出現数ですが、56回中、14回出ていました。出現率は、25%です。

そのうち、並び(ライン)の一部であった回数は、14回中、4回とかなり少なく、出現率は28%になります。

ということで、ACの場合は、ABCとは逆で、並び(ライン)の一部にもなっていない、俗にいう筋違いの

組み合わせを購入すればいいことになります。

まとめ

万車券パターン ABCの場合

ABCパターンは、3連複の場合、27通りあり、その組み合わせのうち、ラインの一部を含む組み合わせを購入。

 

万車券パターン ACの場合

ACパターンは、3連複では20通りあり、その組み合わせのうち、ラインの組みあわせを含まないものを購入。

 

いずれの場合も、3連単にする場合は、組み合わせ数は、3連複の6倍の点数になります。

 

 

以上のことをふまえ、今後検証していきますが、データが少ないうえに、この結果が正反対になりうる可能性もあります。

結果がすべてなので、検証あるのみです!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました