競輪 2020年4月の万車券考察

2020年4月は、開催中止の競輪場が多く、データ的にも少ない月になりました。このご時世なので致し方ないことで、それなりのデータになりました。以下、私の独断と偏見?で競走得点から紐解くデータ考察なのでその辺はご容赦ください。

対象データ

全てのデータは扱わず、開催グレードはF1以上かつ、全て9車立てのレースを扱います。

また競走得点がゼロの選手を含むレースは除外しております。

 

2020年4月は、データ対象レースの総数が476レースで、そのうち3連単万車券レース数は、194レースでした。

出現率は、約40%です。これはかなりの数ですね。

型別出現回数

また万車券出現レース中、独自の万車券出現型(パターン)別での出現数は、

AB型:194レース中82回、出現率は82/194=42%

ABC型:194レース中45回、出現率は45/194=23%

AC型:194レース中43回、出現率は43/194=22%

A型:194レース中4回、出現率は4/194=2%

B型:194レース中3回、出現率は3/194=1.5%

BC型:194レース中17回、出現率は17/194=8%

上位3型は不動です。当てるだけなら、上位3型を買い続ければ誰でも当たるということです。

万車券は当てるのは簡単なんです。でもご存知の通り、長い目で見ればプラスにはなりませんが・・・。

(型に関することは、過去記事をご参照ください)

(新)万車券出現指数(MSS)

そこで、新たに、万車券出現が高確率なレースを見極めるために、新しく万車券出現指数なるものを考えてみました。それは、並び(ライン)を利用します。ラインのうち2車で1組になる組合せの数です。それをもとにデータを洗い出してみました。

すると、その万車券出現指数(以後MSS)の上位値は6,7,9ということがデータからわかりました。当然それ以外の値もありますが、あまり手広くするとレースを絞る意味がありませんのであえて上位のみとします。

MSSがこの値であるレースは万車券出現が高確率ということであり、万車券を獲る上で、積極的に狙って大丈夫であるレースということです。今後はこのMSSをフル活用してレースを選択していきます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました