事件・事故

伊藤柚輝(ゆずき)さんのfacebook顔写真「優しい野球少年」愛知十四山中学殺人事件

jyusiyamatyugaku-photo1

2021年11月24日朝、愛知県の市立十四山中学校で殺人事件がありました。同校の中学3年生伊藤柚輝(いとうゆずき)さん(14)が刺殺されるという痛ましい事件です。被害者の伊藤柚輝さんのfacebook顔写真を調べ、加害者との関係を調べていきます。

伊藤柚輝さんのfacebook顔写真

まず、伊藤柚輝(ゆずき)さんのfacebookアカウントから調べていきます。「伊藤柚輝」さんと同姓同名のアカウントは2件見つかりました。

itouyuzuki-facebookitoyuzuki-facebook2

itoyuzuki-facebook1

ですが、残念ながら、どちらの「伊藤柚輝」フェイスブックアカウントも基本データ、facebook顔写真につながるような情報がなく、今回亡くなった伊藤柚輝さんのものであると断定することはできませんでした。

facebook顔写真を調査している途中、報道で伊藤柚輝さんの顔写真が伝えられていましたので、とりあえずここでお伝えしておきます。

itouyuzuki-face1

伊藤柚輝さんの顔写真は報道で一部伝えられましたが、facebook顔写真はまだ調査中ですので、新しいフェイスブック顔写真や在りし日の伊藤柚輝さん顔写真情報が見つかり次第、追記していきます。

(追記)新たに、伊藤柚輝さんの顔写真が報道されていましたので、お伝えします。

itoyuzuki-facephoto2

 

伊藤柚輝さんが暮らしていた近辺の写真

伊藤柚輝さんのフェイスブック顔写真を調べている中、報道では、亡くなられた伊藤柚輝さん住所が公表されていました。住所は愛知県弥富市五斗山2近辺で、周りは田園風景が広がるのどかな田舎という感じです。この、のどかな田舎で伊藤柚輝さんはすくすく成長し、やりたいこともいっぱいあったでしょう、またこれからどんな楽しい未来を描いていたのでしょうか。ですが無残にもその未来はあっけなく終わってしまいました。亡くなった伊藤柚輝さんの気持ちを考えるととても心が痛みます。

itouyuzuki-jyosyo1

itouyuzuki-jyosyo2

また、自宅から事件現場となった市立十四山中学校までは歩いて約20分、自転車でも10分とかからない距離に伊藤柚輝さんは住んでいました。当日の登校の間にはどのようことを考えていたのでしょうか?まさかこの数時間のうちに自分が殺されてしまうなどとは夢にも思わなかったでしょう。

itouyuzuki-map

伊藤柚輝さんが通っていた弥富市立十四山中学校

1947年に開校し約70年ほどの歴史のある中学校で、田舎であることや、少子化の影響もあるためか、現在は、全校で138人ほどの生徒数で、3年は2クラス47人、弥冨市内では最も規模が小さい中学校です。

住所は、愛知県弥富市鳥ケ地1丁目176番地

jyusiyamatyuugaku-map2

jyusiyamatyugaku-photo1

jyusiyamatyugaku-photo2

周りは、田んぼや畑の広がるのんびりした感じの田舎の中学校です。しかし、このようなところで、伊藤柚輝さんが殺されるという凄惨な事件が起きるとはとても考えにくい、そんな場所に弥冨市立十四山中学校はありました。

伊藤柚輝さんはどのような人物だったのか?

伊藤柚輝さんのfacebook調べていると匿名掲示板から、伊藤柚輝さんの人物像も徐々に判明してきました。

伊藤柚輝さんは、14年という短い人生を思いがけない事件によって終えてしまったわけですが、いったいどのような人物だったのでしょうか?伊藤ゆずきさんと関係のあった人物の証言や匿名掲示板への書き込みなどから伊藤柚輝さんの人物像に迫ってみたいと思います。

伊藤柚輝さんの近所に住む人たちは、みな口をそろえて伊藤柚輝さんのことを明るい性格で、良い子なのに「なぜこんな目に遭わないといけないのか」という証言がほとんどです。

近所の人

伊藤さんは中学で野球に打ち込み、明るい性格で誰からも好かれる存在だった。「なぜ、こんなことになったのか……」

息子が同じ野球部に所属していたという男性

「あいさつもよくできて人から好かれる子だった。なんで彼がこんな目に遭わないといけないのか」と憤った。伊藤さんは野球が昔から好きだったといい、息子と一緒に遊んでもらっていた

小学時代に一緒に登下校していた高校2年の女子生徒

「友達思いですごく良い子。十四山中は人数が少なくアットホームで先生たちも生徒をよく見てくれていた。何かトラブルがあったら事前に分かるはずで、なんでこんなことになったのか」

近所の女性

「こんなことになって胸が苦しい」。伊藤さんが小学生だった時、学校であった年末ダンスイベントの際、踊り方を教わったといい、「誰にでも優しく思いやりがあり、とっても良い子だった」と悲しんだ。

近所の男性

「友達とは仲よさそうだった。トラブルがあったようにはまったく感じなかった」

近くに住んでいた女性

「ただただ驚いている。いつもあいさつしてくれる良い子だった。こんなのどかな場所でこんなことが起こるなんて信じられない……」と言葉を失った。

 

ですが、また違った書き込みもありました。ある同級性の証言ですが、同級生なら長い時間を一緒に過ごすわけですから、その分嫌な面も見る機会が多くこのような証言につながったのでしょうか。それとも伊藤柚輝さんに嫉妬している表れで、まったく反対のような証言をしたのかもしれません。

ある同級生

結構ウザがられたキャラだった

 

証言の数や、その内容からやはり、伊藤柚輝さんの評判は良く、明るい性格で、誰からにも好かれるタイプであったと思われます。

また、新たなに伊藤柚輝さんの人となりがわかるような情報が入り次第、追記していきます。

(追記)

「大きな町ではないので、子どもたちも保育園児の頃から知ってる子ばかりです。伊藤くんは小学校のときはサッカー部でしたが、中学にはサッカー部がなく野球部に入り、そこで活躍していました。下の学年の子の面倒を見たり、ハンディがある子にも分け隔てなく優しく接しているのを見かけたことがあります。リーダーシップもあって、学年の中でも目立つ、中心的な存在でした。

引用:文春オンライン

伊藤柚輝さんは、スポーツ少年で小学校の時は、サッカー部、中学校に入ってからは野球部で活躍されていました。優しく、リーダーシップもあり、学年では中心的な存在であったようです。

また、加害者の男子生徒も小学校では同じサッカー部や図書委員でも仲良く一緒に活動し、中学校ではバレー部に所属して、部活動は別々であったようです。

伊藤柚輝さんと同級生の男子生徒の仲は

伊藤柚輝さんのフェイスブック顔写真を調査していると、報道では、伊藤ゆずきさんと加害者となった同級生の男子生徒は同じ小学校の出身で、中学2年生の時には同じクラスであり、3年生になってからは別のクラスになっている。また、部活動も異なるということなどを伝えていました。

まず、伊藤柚輝さんと加害者の男子生徒は同じ小学校出身です。ここで、弥冨市内の小学校を調べてみました。伊藤柚輝さんの住まい弥富市五斗山2近辺で小学校といえば、弥富市立十四山西部小学校が最寄りの小学校です。位置的にも今回の事件現場となった弥富市立十四山中学校よりは自宅から近い距離に位置しています。

jyusiyamaseibusyogakou-map

jyusiyamasyogakko-photo1

jyusiyamasyogakko-photo2

jyusiyamasyogakko-photo3

弥富市立十四山西部小学校

住所:愛知県弥富市六條町大山94

二人は同じ小学校ですので、この弥富市立十四山西部小学校に仲良く通っていたはずです。中学生になり、周りの人間環境も変わり、二人とも中3といえば受験です。期末試験の時期でもあるでしょうから、気分的にも不安定であり、事件に結び付く一因になっていたのかもしれません。

11月24日の午後に学校で記者会見で、校長は「とりたてて仲が良い、仲が悪いということは把握してません。」「今のところ思い当たるふしがない」と言っています。学校側は二人に仲は特に何の問題もなく、それ以上のことについては何も把握していないようです。

これからまた新たに伊藤柚輝さんと加害者の男子生徒の仲がわかるような情報が出てくれば追記していきます。

伊藤柚輝さんが殺された理由

伊藤柚輝さんのfacebook顔写真を調査している途中、報道では、加害者の男子生徒が、伊藤柚輝さんとの間にトラブルがあり、恨みを募らせていたとの供述をしていることが伝えらました。

第3者からは、評判も良く良い子に見える伊藤柚輝さんに恨みを募らせていた加害者の男子生徒。どのようなことが原因で恨みを募らせていったのでしょうか?

匿名掲示板には、加害者男子生徒の伊藤柚輝さんを刺殺した動機が何なのかを推測する書き込みが多数見られました。大きく分けると、3つに分けられます。それぞれが関係している部分もありますが、概ねこれらであろうとの推測です。

1.いじめが原因

今のところ伊藤柚輝さんの評判からすると、とても考えにくいのですが、伊藤柚輝さんが加害者男子生徒をいじめていたという前提での書き込みです。

  • いじめじゃないの?
  • なんだ、イジメか、なら仕方ないな。
  • いじめがあったんなら仕方ないよね。殺人は絶対悪だけど、自業自得という世の中を理解できたんじゃない。いじめた奴はそれ相応のリスクがあると理解できるし。
  • いじめへの報復ですか?
  • 弥富市雑談見ればわかるよ、刺された奴がいじめっ子
  • あまり度を越した陰湿な虐めをしてたら、いつか必ず虐められてた奴に怖い仕返しをされるってことやぞ!

 

2.女性がらみ(彼女)が原因

  • 女の取り合いか?
  • 好きな女取られた痛恨じゃ
  • ちらほら出ているのは同じ女の子をスキだったとか言う話 痴情のもつれってやつ

 

3.SNS(ライン)をブロックしたのが原因

  • LINE禁止しろよ
  • またlineが原因? lineなんか止めちまえよ。
  • グループLINEほどウザいものはない
  • LINEグループ外されたら生きていけにゃい…
  • LINE外されて頭に血が昇っちゃったんだぴょん
  • 今朝LINEブループから加害者が外されたことに強く抗議し揉め
  • 今時の子からしたらLINEグループという大事なコミュニティから外されるイジメを受けたら精神的苦痛はヤバいと思うよ 伊藤柚輝は人の心の痛みが分からなかったんだろうな

 

これらすべては憶測なので、事実ではありません。今後、これらの中に事実が含まれているようなことがわかってくるかもしれません。事実がわかり次第追記していきます。

加害者の男子生徒の伊藤柚輝さん刺殺動機(新供述) (追記)

加害者の同級生男子生徒の犯行動機が徐々に明らかになってきました。

報道によると、加害者の同級生男子生徒は、

「いじめに遭っていた」、「(伊藤柚輝さんに)嫌なことをされた」との趣旨の供述をしているとのことです。

これは、以外でかつ最も可能性が少ないであろうと思われていた犯行動機です。というのも、学校側の発表では、「いじめは認識していない」となっていました。また、伊藤柚輝さんの周りの人の評判は、そのほとんどがとてもいじめをするような人物とは考えにくいような評判ばかりしかなかったからです。

新たに、加害者の同級生男子生徒は、「他にも自分自身の色々な悩みがあった」との趣旨の供述をしています。この時期、中3ということなので進学、受験の悩みが考えられますが、学校側の対応はどうだったのでしょうか。また、別の悩みであれば、どういったものだったのでしょうか。

(追記)

現在までに報道で伝えられている加害者の男子生徒の供述をまとめました。

加害者男子生徒の供述一覧
  • 凶器の包丁は事件の2日前にネットで入手した
  • いじめに遭っていた(いじめられていた)
  • (伊藤柚輝さんに)嫌なことをされた
  • 嫌がらせだと感じていた
  • 他にも自分自身の色々な悩みがあった
  • 数人の友人と話している時に(伊藤柚輝さんが)割って入ってくるのが嫌だった
  • 昨年9月に伊藤柚輝さんが役員に立候補した生徒会選挙で応援演説を依頼されたことが嫌だった
  • 今月(11月)半ばに事件を思い立った(事件の約10日前)
  • 被害者の生徒との関係以外にも学校などで嫌なことが複数あり、自暴自棄になっていた
  • 給食当番で、すぐに箸を渡してくれない時があった
  • (修学旅行で持込み禁止のスマホが他の生徒に見つかり)学校側から注意を受けて、疎外感を覚えた
  • (伊藤柚輝さんに)嫌な思いを抱いていた
  • 嫌なことが続いていた
  • いま思えば、悪いことをした

 

(新事実)

加害者の同級性男子生徒は、供述にもある通り、昨年9月に伊藤柚輝さんが生徒会選挙の応援演説を依頼されたことついて、今年2月に教諭に相談していたそうです。

 

また、新しい情報が入り次第、追記していきます。

伊藤柚輝さんを刺殺した同級生男子生徒(14)  の特定

伊藤柚輝さんフェイスブック顔写真を調査しつつ、加害者となった男子同級生の特定も進めていますが、匿名掲示板などにも信頼性のある特定はなく、加害者が14歳であるため少年法の絡みなのか、暴露を口留めされているのか知人関係者の信頼できる書き込みは見つからず、特定には至っていません。

新しい信頼性のある情報が出てき次第追記していきます。

 

もう一度、今回の伊藤柚輝さんの愛知十四山中学殺人事件の概要を振り返っておきます。

伊藤ゆずきさん愛知十四山中学殺人事件概要

24日午前8時10分ごろ、愛知県弥富市の市立中学校から「生徒同士のトラブルがあった」と110番があった。県警や市教育委員会によると、3年の男子生徒(14)が校内で同学年の男子生徒(14)に包丁で刺され、病院に搬送された。同日午前10時35分に死亡が確認された。死因は出血性ショック。

県警は、殺人未遂の疑いで、刺したとみられる男子生徒を現行犯逮捕した。「私がやったことで間違いない」と容疑を認めているという。県警は容疑を殺人に切り替えて詳しい経緯を捜査。市教委は同日午後に記者会見し、過去のトラブルなどについて説明する。

引用:共同通信

24日午前8時10分ごろ、愛知県弥富市鳥ケ地1の市立十四山中学校から「生徒同士のトラブルがあった。腹を刃物で刺されている」と110番があった。県警によると、同校3年の伊藤柚輝さん(14)=弥富市五斗山2=が腹を刺されて市内の病院に搬送されたが、約2時間20分後に死亡した。県警は、男子生徒を刺したとして同じ中学に通う同級生の少年(14)を殺人未遂の疑いで現行犯逮捕した。

引用:中日新聞

ポイント

  • 2021年11月24日午前8時10分ごろ、愛知県弥富市市立十四山中学校で、伊藤柚輝さん(14)が同級生の男子生徒(14)に腹を刺され死亡した。死因は出血性ショック。
  • 加害者の同級生男子生徒は、殺人未遂の疑いで現行犯逮捕された。
  • 加害者の同級生男子生徒は「私がやったことで間違いない」と容疑を認めている。
  • 新たに、凶器の包丁は「事前にインターネットで購入した」と供述していることが判明。
  • 新たに、加害者の同級生男子生徒は、「伊藤柚輝さんとの間にトラブルがあり、恨みを募らせていた」と供述している。
日常の解ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました