事件・事故

野村勝也の勤務先運送会社は「有限会社エクストリーム飛島(とびしま)営業所」ブラックか

extreme-photo3

2021年12月10日、愛知県小牧市の国道で24台の車が絡む多重事故が発生。事故原因となった大型トレーラーの運転手、野村勝也(のむらかつや)容疑者(54)が逮捕されました。ここでは野村勝也の勤務先「エクストリーム飛島(とびしま)営業所」を調べていきます。

野村勝也の勤務先「有限会社エクストリーム飛島営業所」の所在地

報道によると野村勝也容疑者は、愛知県飛島村から小牧市に医薬品を配送中に多重事故を引き起こしましたが、勤務先は飛鳥村にあり、時間的にも会社を出てすぐに事故をおこしたと考えられます。まず勤務先の所在地を見てみましょう。

野村勝也容疑者の勤務先

会社名:有限会社エクストリーム飛島村営業所

住 所:愛知県海部郡飛島村 竹之郷2丁目56

 

地 図:

extreme-map

 

 

 

 

 

 

 

 

会社営業所の外観写真:

extreme-photo

 

 

 

 

 

 

ネットでは、この建物だけを見て、

個人経営の洋食屋が潰れた建物にそのままこの会社が入ったような感じの小さな会社だわ。

などと言っている人もいますが、

かなりの台数の車が止まっていて、ほとんどが運転手の自家用車だと思われますが、大所帯の会社だと想像できます。

また、このエクストリーム飛島村営業所の向かいが広い車庫(駐車場)なっているようです。たまたまこの写真には大型ウィング車が1台しか映っていませんが、この広さですからかなりの車両台数を所有しているものと思われます。

有限会社エクストリーム飛島村営業所の車庫:

extreme-photo2

 

 

 

 

 

 

また、飛島「営業所」とありますから、その他の営業所や本社は別の場所にあるのかどうか、もう少し調べてみました。

野村勝也の勤務先「有限会社エクストリーム飛島営業所」の本社

調査の結果、会社ホームページがあり、詳しく書かれていました。ホームページによると、

「有限会社エクストリーム」本社は、

本社住所:愛知県 北名古屋市 高田寺東の川28-1

他支店営業所は、飛島村営業所を含め4か所ほどあり、大きい運送業者のようです。また部門が、運送部門、自動車販売部門、整備部門とあります。もともとはカスタムショップ及び自動車整備で創業し、のちに運送業さらに海上コンテナ輸送も手掛けるようになったと紹介しています。

野村勝也の運送会社「有限会社エクストリーム」の車両台数

気になる車両台数ですが、以下のように説明しています(2018年10月当時のもの)

  • 海上コンテナトレーラー
    海コントラクターヘッド       13台
    コンテナシャーシ 40F   11台
    コンテナシャーシ 20F     5台
  • 大型貨物自動車
    大型10tウイング車    3台
    大型10t低床ウイング車  1台
    大型10t冷蔵冷凍車      1台
    大型増t ウイング車     1台
  • 大型平ボディー車
    大型10t平ボディー車    2台
    大型10t低床平ボディー車  1台
  • 大型ダンプ車
    大型10tダンプ車     1台
  • 中型貨物自動車
    4tウイング車  4台
    4t積載車      1台
    3 t 冷蔵車      1台
  • 軽貨物自動車
    軽貨物自動車  1台

(有限会社エクストリームHPより)

合計台数にして46台で、幅広く運送業を営んでいるのがよくわかります。しかしこれだけの保有台数を抱えているということはそれだけの運転手がいるということですから、運転手の管理も大変であることは理解できます。

しかし、このような事故をおこしてしまった以上どこかにその管理の不十分さが事故の原因につながっていることは間違いないでしょう。

野村勝也の運送会社「有限会社エクストリーム」の安全管理は?

今回の野村勝也容疑者が運転していた車はまさにコンテナ積載の大型トレーラーでした。このコンテナの下敷きになるような車もなく死人が出なかったのは本当に奇跡的です。

さらに、ホームページを見ていくと、

安全マネージメントの項目があり、以下のように謳っています。

extreme-anzen1

 

 

 

 

extreme-anzen2

 

 

 

extreme-anzen3

 

 

 

 

いったい、ほんとうのところ、安全マネージメントはどのようになっているのでしょうか?

ネットでは、

・こんなショボイ海コン屋、安全管理とか全くでしょ。
・有限会社エクストリームはホームぺーで安全管理していることをアピールしているが実態はブラックということなのだろう。

 

やはり、安全管理に対する疑念がおこるのは無理もありません。

また、会社関係者の証言では、

朝6時半に出勤して、いつもと変わらない感じで出ていった。
とあります。それに対してネットの反応は、
なんか軽い印象を受けるコメントですね。適正な乗務前点呼の執行はなされてたんでしょうか。
通常の運送業者が当然すべきことが、行われていなかったのではないかとの指摘です。

 

さらに、有限会社エクストリームの元運転手もしくは従業員のような方の書き込みもありました。

愛知県の労基が何もしないからこう言う事が起きるんだ。
違法だと告発しても何もしてくれない。
残業代未払い等。
腐ってるよ。愛知県労基は。
まぁ近い内に、愛知労基は顔が真っ青になるよ。
代議士に言ったから。
愛知県の代議士では無くもっと有名なら人に。
お前ら定年迄安心して居られないだろ。
自業自得だ。

 

安全管理だけではなく労働条件、賃金問題などほかの問題もあるようで、今後どこまで捜査の手が伸びるのか、静観しておきます。また何か新しい情報があれば追記していきます。

最後に、野村勝也容疑者が引き起こした多重事故と野村勝也容疑者の勤務先「有限会社エクストリーム」の家宅捜索の概要を示しておきます。

野村勝也(有限会社ストリーム)の24台の愛知小牧多重事故概要

nomurakatuya-photo

10日、愛知県小牧市の国道で起きた24台の車がからむ事故で、警察は大型トレーラーを運転していた男を逮捕しました。

過失運転致傷の疑いで逮捕されたのは、名古屋市港区のトラック運転手、野村勝也容疑者(54)です。警察によりますと野村容疑者は、10日あさ、愛知県小牧市の国道41号で大型トレーラーを運転して車の列に突っ込み、前を走っていた車の71歳の男性運転手に、軽傷を負わせた疑いがもたれています。

この事故はあわせて24台の車がからんでいて、野村容疑者を含む12人がけがをしました。いずれも命に別条はないということです。

野村容疑者は、愛知県飛島村から小牧市に医薬品を配送中で、警察の調べに対し容疑を認めています。警察は、野村容疑者の前方不注意とみて詳しい事故原因を調べています。

引用:中京テレビニュース

nomurakatuya-photo2

愛知小牧の多重事故 野村勝也の勤務先「有限会社エクストリーム」を家宅捜索概要

愛知県小牧市元町の国道41号で大型トレーラーが渋滞中の車に追突し12人が負傷した事故で、現場にはトレーラーのブレーキ痕はなく、衝突後も一定のスピードを保ったまま、次々と周囲の車に衝突することで停車したとみられることが11日、捜査関係者への取材で判明した。県警は同日、運転手が勤務する運送会社「エクストリーム」の営業所(同県飛島村)を自動車運転処罰法違反(過失致傷)容疑で家宅捜索し、同社の安全管理態勢に問題がなかったか調べを進める。

県警は10日夜、トレーラーを運転していた名古屋市港区九番町3、トラック運転手、野村勝也容疑者(54)を同容疑で逮捕し、11日午前11時過ぎから約1時間、捜査員4人で捜索を実施した。営業所の所長によると、日報など運転手の勤務記録が分かる書類などが押収されたという。

県警によると、野村容疑者は容疑を認めているという。事故は10日午前8時45分ごろ発生し、計24台の玉突き事故となった。同社関係者によると、トレーラーは午前6時半ごろ営業所を出発し、小牧市内へ荷物を運搬中だった。【森田采花】

引用:毎日新聞

extreme-photo3

日常の解ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました