事件・事故

須磨俊(さとし)の関連画像「凄惨さがかけらも見られない!」

takatihogenba3

2021年10月26日夜に、宮崎県高千穂の住宅でその家に住む甲斐義人さん、甲斐邦雄さんと甲斐さんの娘婿で鹿児島に住む須磨俊さんが倒れているのが発見されました。その後3人の死亡が確認され、調べでは須磨俊さんが他の2人を刺し後に自殺を図ったとみています。

ここでは、自殺を図ったとされている須磨俊の関連画像、またこの事件現場について調べてみました。

須磨俊の犯行とされる高千穂殺人の概要

宮崎県高千穂町の民家で男性2人が死亡、1人が意識不明の重体になった事件で、宮崎県警は27日、重体だった高齢の男性が死亡したと発表した。

県警捜査1課によると、亡くなった3人はこの家に住む甲斐義人さん(91)と同居する息子の邦雄さん(67)、鹿児島県志布志市在住で邦雄さんの長女の夫の須磨俊さん(45)。3人は室内で倒れているのが見つかり、その後に搬送先の病院で死亡が確認された。

県警が、事件発生時に家にいた義人さんの80代の妻に事情を聴いたところ、須磨さんが26日夜、刃物を持って義人さん宅を突然訪問。邦雄さんと義人さんを刺した後、自分で腹などを刺したという。邦雄さんが刺される直前に110番通報したとみられる。現場に駆けつけた警察官が、落ちていた凶器を発見。80代妻にけがはなかった。

県警によると、邦雄さんの長女が須磨さんからDVを受けたとして、甲斐さん家族が県警に相談していたという。県警は殺人容疑で詳しい状況を調べている。

引用元:livedoorNEWS(朝日新聞)

  • 10月26日午後8時30分ごろ、宮崎県高千穂町の住宅で3人の男性が倒れているのが発見された。
  • 後に3人全員が死亡となり、亡くなったのは、その家に住む甲斐義人さん(91)、同居の息子邦雄さん(67)、鹿児島市志布志市に住む邦雄さんの娘婿の須磨俊さん(45)と判明。
  • 警察に通報したのは、邦雄さんとみられる。
  • 同居していた80代の邦雄さんの妻にけがはなかった。
  • 邦雄さんの娘が須磨俊さんからDVを受けていたとして、甲斐さん家族が警察に相談していた。

須磨俊のフェイスブック(facebook)アカウントや画像

 

まず、須磨俊のフェイスブック(facebook)アカウントから関係する人物のアカウントがないか調べてみました。また、須磨俊の関連写真にはどのようなものが上がっているのかを見てみます。

須磨俊という名のアカウントは3件ありました。そのなかでも、報道のあった住所と同じ志布志市在住の住所表記のあるアカウントがあります。これは須磨俊本人の可能性が高いと思われます。

sumasyun1

また、須磨俊アカウントの友達登録を見てみると甲斐姓の人物が一人おり写真を確認してみると高千穂高校の写真が確認できます。これは須磨俊の義理の父親甲斐邦雄さんの血縁関係のある人物なのかもしれません。

さらにこの甲斐姓の人物の友達登録を調べてみると、1名須磨姓の人物がみられます。これは須磨俊の友達アカウント内にも存在し、この須磨姓の友達登録をみてみると甲斐姓で高千穂出身のアカウントが多数みられます。このことから、この須磨姓の人物が甲斐邦雄さんの娘、須磨俊の奥様にあたる可能性が高いと思われます。

次に、須磨俊アカウントのアップしている写真・動画の中に今回の犯行のような危険な感じがする動画がアップされていました。それがこちら、

kikendouga1

kikendouga2

kikendouga3

kikendouga4

破壊的・暴力的なことを暗示しているようです。

他には、とりとめもない普段の景色、食べ物などの画像しか見当たりませんでした。これらの画像からは到底このような犯行を行うとは想像できません。

sumagazou1

sumagazou2

sumagazou3

sumagazou4

こんな写真を撮っていたころには、須磨俊本人、このようなことを行うとは思いもよらなかったことでしょう。

須磨俊の顔画像(フェイスブック)

次に、須磨俊自身の義理の父親、義理の祖父までも手に掛けたしまった須磨俊の顔、調べてみました。

残念ながら、須磨俊アカウント内には顔画像らしき写真はありませんでした。

また、須磨俊の奥さんと思われるアカウントの写真内にも写真はありますが、須磨俊らしき人物の顔画像は確認できませんでした。

須磨俊の犯行とされる高千穂殺人の現場

報道では、犯行の現場となったのは、宮崎県高千穂下野、正確には宮崎県西臼杵郡高千穂町下野というところで、甲斐邦雄さん宅は田んぼや畑に囲まれた家が点在している集落で、高台に位置しています。

takatihogenba3

 

takatihogenba2

takatihogenba4

また、須磨俊の自宅は、鹿児島市志布志市となっていますので、距離は以下の通りで約200キロ以上あり、車でも約3時間ほどかかります。凶器をもってこの長い距離と時間かけて甲斐さん宅を目指しているわけですから、かなりの恨み、憎しみそして殺意を抱いていたに違いありません。

takatihokyori

須磨俊の犯行理由はいったい何だったのか?

現時点では、まだ警察が捜査していて本当のところはわかりませんが、報道で一部に甲斐邦雄さんの娘が須磨俊さんからDVを受けていたとして、甲斐さん家族が警察に相談していたとしています。これに対して須磨俊が逆上して殺意を抱くきっかけになったとは考えられますが、これだけで人を殺すとまでは考えにくいです。長年にわたって何か積もり積もった恨み、憎しみがあったに違いありません。

須磨俊がDV男であったようですが、弁護士の後藤千絵さん(フェリーチェ法律事務所)によるとDV男の特徴として以下のよう述べられています。

 

【DV男の特徴】

(1) 感情のコントロールが効かない

(2) ストーカー気質である(束縛する・嫉妬深い)

(3) 外面が極めてよくて、周囲からの評判は「好青年」

(4) 幼少期DVを受けていた(DVの連鎖)

(5) クレーマー気質である

(6) 立場が弱い者に強く出て、強い者には何も言えない

(7) 自己評価が低い人の心につけ込む

引用元:webマガジン mi-mollet

須磨俊も上の特徴を満たすような人物であったのか、真実は闇の中へ。

須磨俊の犯行理由はいったい何だったのか?(続)

県警によると、義理の息子からDV(家庭内暴力)を受けたとして、邦雄さんの長女や家族らが宮崎、鹿児島両県警に複数回相談していた。長女は8月以降、子どもを連れて別居。これに対し義理の息子が今月、宮崎県内の長女のアパートに現れ、宮崎県警が鹿児島に帰るよう促し、連絡を取らないよう口頭で注意していたという。

長女は居場所を知られたため、DV防止法に基づく住居や勤務先に近づくことを禁じる保護命令を申請。事件前日の25日には宮崎県内の別の場所に転居していた。

県警は、義理の息子が長女らを探して実家に向かった可能性があるとみて、殺人容疑で調べている。

現場は山あいに住宅が点在する集落。約5キロ南南西には国の名勝・天然記念物に指定される「高千穂峡」がある。(平塚学)               引用元:livedoorNEWS(朝日新聞デジタル)

続報報道によると、DV防止法により須磨俊は奥さんと子供とは別居状態であり、近づくことすらできない状態にあったようです。実家に向かったのは、報道以外に考えられるのは、別居の原因を妻の両親家族にあると逆恨みした可能性も考えられます。実家家族を説得して元通りの生活に戻ろうとしたが、甲斐邦雄さん家族にも注意され争いになり殺してしまったのかもしれません。今後捜査の行方を待ち、続報が出れば再び追記していきます。

日常の解ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました