スポンサーリンク
時事

【フキハラ】不機嫌ハラスメントの実態と対策「職場の空気を変える方法」

スポンサーリンク

職場で感じる不快な雰囲気、それはフキハラ(不機嫌ハラスメント)かもしれません。本記事では、フキハラの定義から具体例、対処法まで詳しく解説します。フキハラの実態を知り、効果的な対策を学ぶことで、あなたの職場環境を改善し、より快適で生産性の高い職場づくりにつながります。フキハラのない健全な職場環境を目指しましょう。

 

スポンサーリンク

フキハラ(不機嫌ハラスメント)とは?定義と具体例

フキハラ、正式名称を不機嫌ハラスメントといいます。これは、直接的な言葉ではなく、表情や態度によって相手に精神的苦痛を与える行為を指します。日本ハラスメント協会代表理事の村嵜要さんによると、フキハラは近年増加傾向にあり、職場環境に深刻な影響を及ぼしています。

日本ハラスメント協会代表理事の     村嵜要氏

具体的なフキハラの例としては、以下のようなものが挙げられます:
・黙ったまま相手をにらむ
・口元をムッとさせる
・話を聞いている途中で急に腕を組む
・座った姿勢でふんぞり返る
・大きなため息をつく

特に、ため息は代表的なフキハラの一つです。村嵜さんは「大きなため息が明らかに特定の相手に向けられている場合などは、単発でもフキハラが成立します」と指摘しています。

 

スポンサーリンク

職場で起こりやすいフキハラの兆候と見分け方

フキハラの兆候を見分けるポイントは、特定の人に対する継続的な不機嫌な態度です。例えば、上司が特定の部下に対してのみ冷たい態度を取り、他のメンバーには友好的に接する場合などが該当します。

また、無意識下での不機嫌な態度も見逃せません。プロジェクトの進捗が思わしくないときに、上司が無意識に舌打ちをしながらデスクに座っているような状況も、フキハラに当たる可能性があります。

 

スポンサーリンク

フキハラが及ぼす心理的影響と生産性への悪影響

フキハラの影響は、想像以上に大きいものです。心理学者で京都橘大学教授の上北朋子さんは、「人間は社会性が高いので、人の感情を推測したり、自分は経験していなくても人の感情から自分も同じような経験をしている感覚になる『情動伝染』が起きます」と説明しています。

京都橘大学教授で心理学者の       上北朋子氏

つまり、フキハラによるネガティブな感情は、周囲の人々にも伝染し、職場全体の雰囲気を悪化させる可能性があるのです。これにより、職場の生産性が低下し、企業全体のパフォーマンスにも悪影響を及ぼす可能性があります。

 

スポンサーリンク

効果的なフキハラ対処法:被害者と加害者それぞれの立場から

被害者の立場からの対処法:
・ため息をつかれた理由を、可能であれば直接聞いてみる
・上司や人事部門に相談する
・外部の相談窓口を利用する

加害者の立場からの対処法:
・自分の態度や表情に注意を払う
・ストレス管理を適切に行う
・無意識のうちにフキハラをしていないか、定期的に自己チェックする

村嵜さんは、「いまのため息、ちょっと大きかったかな」と自分で気づいたときは、笑顔で周囲に話しかけるなど、「怒ってない感じ」を理解してもらう言動でカバーすることを提案しています。

 

スポンサーリンク

企業が取り組むべきフキハラ防止策と成功事例

企業レベルでのフキハラ防止策として、以下のような取り組みが効果的です。
・定期的なハラスメント研修の実施
・相談窓口の設置
・ストレスチェックの導入
・職場環境の改善

成功事例として、ある企業では定期的なカウンセリングやストレスチェックを実施し、従業員のメンタルヘルスをサポートする体制を整えています。これにより、過労やストレスによる不機嫌ハラスメントの発生を防いでいます。

 

スポンサーリンク

フキハラに関する法的保護と相談窓口の活用方法

2020年から施行されたパワハラ防止法は、フキハラにも適用される可能性があります。ただし、村嵜さんは「パワハラ対策による二次的なものとして、フキハラが増加している面もある」と指摘しています。

フキハラの被害を受けた場合、以下の相談窓口を活用することができます。
・企業内の相談窓口
・労働局の総合労働相談コーナー
・日本ハラスメント協会などの外部機関

相談する際は、具体的な事例や日時を記録しておくことが重要です。

 

スポンサーリンク

まとめ:不機嫌ハラスメントのない健全な職場づくりに向けて

フキハラは、一見些細に見える行為でも、継続的に行われることで深刻な問題となります。健全な職場環境を作るためには、個人レベルでの意識改革と、企業レベルでの取り組みの両方が必要です。

個人としては、自分の態度や表情が他人にどのように映るかを常に意識し、ストレス管理を適切に行うことが大切です。企業としては、定期的な研修やストレスチェック、相談窓口の設置などを通じて、フキハラを未然に防ぐ体制を整えることが求められます。

2024年現在、働き方改革が進む中で、ハラスメントのない職場づくりはますます重要になっています。フキハラに対する理解を深め、お互いを尊重し合える職場環境を作ることが、個人の幸福度と企業の生産性の両方を高める鍵となるでしょう。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました