スポンサーリンク
テレビ番組・情報

【がっちりマンデー】イタミアートののぼりビジネス「31億円の秘密」

gacchirimonday-itamiart-nobori
スポンサーリンク

「がっちりマンデー」(2024年6月23日放送-TBS系)で話題のイタミアート。のぼり旗一つで31億円の売上を達成した秘密とは?従来の常識を覆す革新的なビジネスモデルと最新技術の融合が、小さな店舗から大手企業まで多くの支持を集めています。本記事では、イタミアートの成功戦略と、のぼり業界に起こした革命的な変化をご紹介します。これからの広告戦略のヒントが見つかるかもしれません。

 

スポンサーリンク

イタミアートののぼり事業:がっちりマンデーで紹介された革新的ビジネス

2024年6月23日に放送されたTBS系「がっちりマンデー!!」で、注目を集めた企業があります。それが岡山県岡山市に本社を置く株式会社イタミアートです。同社は2024年4月に東証グロース市場に上場を果たし、のぼり旗業界に革新をもたらした企業として紹介されました。

イタミアートは、飲食店や小売店でよく見かけるのぼり旗や横断幕を製造し、インターネットで販売している会社です。創業以来25年間、着実に売上を伸ばし続け、現在ではのぼり旗だけで年間31億円の売上を誇る業界のリーディングカンパニーとなっています。

 

スポンサーリンク

のぼり業界に革命を起こすイタミアート:伊丹一晃社長の戦略

イタミアートの成功の立役者である伊丹一晃社長は、従来ののぼり業界の常識を覆す戦略を展開しました。従来ののぼり製作では、最低でも100枚以上の大口注文が原則でした。これでは、個人経営の小さな店舗が自分だけのオリジナルのぼりを作ることは難しく、既製品の「大売出し」や「ラーメン」といった汎用的なのぼりを使用するしかありませんでした。

itamikazuaki

伊丹一晃社長(引用:「がっちりマンデー!!」より)

伊丹社長は、この状況を変革するため、2011年に画期的な決断を下します。それは、大型のインクジェットプリンターを導入し、のぼりのような大きな布にもプリントできる体制を整えたことでした。これにより、イタミアートは1枚1,296円から、お店独自のデザインでのぼりを作ることを可能にしたのです。

 

スポンサーリンク

シルクスクリーン印刷からインクジェット印刷へ:のぼり製作の進化

従来ののぼり製作では、シルクスクリーン印刷という方法が主流でした。この方法では、色ごとに版を作成し、一枚一枚丁寧に印刷していく必要があります。そのため、手間がかかり、多色使いのデザインになればなるほど、製作コストと時間が増大していました。

itamiart-nobori

色鮮やかなイタミアートののぼり                                                   (引用:「がっちりマンデー!!」より)

イタミアートが導入したインクジェット印刷は、パソコンのプリンターと同様の原理で動作します。デジタルデータを直接布地に印刷できるため、版の作成が不要となり、製作時間を大幅に短縮することができました。さらに、写真のような複雑なデザインや、多色使いの鮮やかな色彩表現も可能になりました。

 

スポンサーリンク

イタミアートの成功の秘訣:1枚からオーダーメイドののぼり製作

イタミアートの革新的なアプローチにより、日本中の様々な規模の店舗からの注文が殺到しています。現在では、1日あたり600万円もの売上を記録するまでに成長しました。

お客様は、インターネット上で簡単にのぼりをデザインすることができます。背景色の選択、文字の入力、画像データの読み込みなど、直感的な操作で理想ののぼりを作成できるのです。デザインが完成すれば、すぐにイタミアートの工場にデータが送られ、迅速に製作が開始されます。

 

スポンサーリンク

がっちりマンデーで紹介:イタミアートののぼりが支持される理由

「がっちりマンデー!!」の番組内では、イタミアートののぼりの特徴が詳しく紹介されました。従来ののぼりと比較して、色使いの鮮やかさやデザインの細かさ、さらには美味しそうな料理の写真まで掲載できる点が強調されていました。

実際に、番組内で作成されたがっちりマンデーオリジナルののぼりは、わずか2日前に注文したものだったそうです。この迅速な対応力も、イタミアートの強みの一つと言えるでしょう。

 

スポンサーリンク

のぼりデザインの多様化:個人店舗から大手企業まで幅広いニーズに対応

イタミアートののぼりは、様々な業種や規模の店舗で活用されています。例えば、番組内で紹介された埼玉県朝霧市の菅野補聴器では、「えっ?」という文字だけが大きく書かれた斬新なのぼりを作成し、注目を集めています。

菅野雅文社長は、「変わったのぼりだね」「目立つね」といった声をお客様からいただいていると語っていました。
このように、イタミアートののぼりは、お店の個性や宣伝したい内容を効果的に表現できる強力なマーケティングツールとなっています。期間限定メニューやセールの告知など、タイムリーな情報発信にも活用されています。

 

スポンサーリンク

インターネット販売戦略:イタミアートの全国展開と地方創生

イタミアートの成功には、インターネットを活用した販売戦略が大きく貢献しています。東洋経済新報社の田北浩章社長は、番組内でこの点を高く評価していました。インターネットを通じて全国から注文を集められることで、必ずしも東京などの大都市に拠点を置く必要がなくなり、むしろ地方で事業を展開することのメリットが大きくなっているのです。

この戦略は、地方創生の観点からも注目されています。岡山に本社を置きながら、全国規模でビジネスを展開しているイタミアートの事例は、地方発のビジネスモデルの成功例として、今後の日本経済の在り方にも一石を投じているといえるでしょう。

 

スポンサーリンク

まとめ:イタミアートが示すのぼりビジネスの未来と可能性

イタミアートの成功は、伝統的な業界に新しい技術とビジネスモデルを導入することで、大きな成長が可能であることを示しています。のぼり旗という一見すると古典的な広告媒体を、現代のニーズに合わせて進化させた同社の取り組みは、他の業界にも示唆を与えるものです。

インターネットとデジタル技術を駆使し、顧客のニーズに柔軟に対応する姿勢は、今後のビジネス展開において重要な要素となるでしょう。イタミアートの事例は、伝統と革新のバランスを取りながら、顧客満足度の向上と業績の拡大を同時に達成できることを証明しています。

2024年の日本経済において、イタミアートのような革新的な企業の存在は、デフレ脱却や地方創生といった課題に対する一つの解答を提示しているのかもしれません。今後も、同社の動向に注目が集まることは間違いないでしょう。

㈱イタミアートのHPはこちら

のぼり旗のご注文はこちら(のぼりキング)へ

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました