スポンサーリンク
テレビ番組・情報美容

「あさイチ」が教える! 40代からの「垂れ顔改善」は眉毛とまつげから

asaichi-taregaokaizen
スポンサーリンク

40代以降の「垂れ顔」は、悩みのタネと言われます。しかしメイク次第で印象はガラリと変わります。眉毛の描き方を見直すことから始めて、次にまつげの上向きがポイント。さらに意外な効果を発揮するのが、下まつげや下まぶたへのメイクです。

本記事では人気番組「あさイチ!」(2024年2月5日放送-NHK)内で紹介された、垂れを防ぐ効果絶大なポイントメイク法をご紹介します。自分らしい魅力がよみがえるはず、40代以降のメイク見直しに是非お役立てください。

 

スポンサーリンク

上向きの眉毛で垂れを防ぐ

2024年現在、40代以降の女性を対象に「切り替えメイク」への関心が高まっています。中でもヘアメイクアーティストの齋藤有希子さんが力を入れて欲しいとするのが、眉毛の描き方です。

 

齋藤さんによると、40代以降は顔の筋肉のたるみなどで「下がった印象」が増えてくるそうです。特に横顔を見ると目立ちやすいそうです。この対策として効果的なのが、眉毛を「優しく上向き」に描くというアドバイス。垂れ目傾向の印象を覆すことができるとのこと。

具体的にはまず眉山の位置を決めます。白目の上端あたりに眉山を描画することで「上向き眉」が実現できるそうです。次に眉山から眉尻に向けて、優しいカーブを描いていきます。ポイントは眉尻を眉山より下げないこと。すると横顔の印象も引き締まり、垂れを防ぐことができるのだとか。

 

スポンサーリンク

まつげは上向きが大切なポイント

続く切り替えポイントはまつげ。こちらも垂れ顔直しには上向きカールが効果的だそうです。アイメイクの中でも優先度が高く、時間がない日はまつげだけ上げることをオススメしています。

40代以降は瞼の筋肉の緩みで目もだんだん重くなっていきます。まつげを上向きにカールさせることで、目が大きくぱっちりした印象へと変化するのだとか。ビューラーなどを使って、根元からカールを巻き上げていきましょう。

40ikou-byu-ra

40代からこそ使ってほしいビューラー!

昔ほどのボリュームは必要ないそうで、形をキープできればOK。上向きにすることでぱっちりとした目元が実現できるそうです。

 

スポンサーリンク

下まつげや下まぶたも大切なポイント

目元の垂れ対策としてもう一つ大切なのが、下まつげと下まぶたメイク。こちらも割と意外な効果があるようです。

齋藤さんによると、40代以降は顔のたるみで下まぶたの見える部分が広がってきます。ここを意識して下まつげにマスカラを入れることで、より顔を小さく見せることが可能だとのこと。

さらに驚きなのが、下まぶたラインにもアイシャドウを入れる方法。これによってさらに、顔の小顔効果も生まれるそうです。ぜひお試しを!

 

スポンサーリンク

まとめ

以上、人気番組「あさイチ!」内で紹介された40代からの「垂れ顔」対策メイクをご紹介しました。眉毛や上まつげだけでなく、下まつげや下まぶたへの注目も大切なポイントだと判明。

自分に合ったメイクを見つけることで、垂れを防ぎながら明るい印象をキープできるはず。大人の魅力を一層引き出すメイク術として参考にされてみてはいかがでしょうか。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました