スポンサーリンク
時事

スカイラインGT-R完全ガイド!魅力から盗難対策まで徹底解説

skiline-gtr
スポンサーリンク

日本の名車として知られるスカイラインGT-Rについて、その魅力や盗難被害の実態、海外での評価などをまとめてみました。スカイラインGT-Rに興味のある方は、ぜひ最後までお読みください。

スポンサーリンク

スカイラインGT-Rとは

スカイラインGT-Rとは、日産が1969年から2002年まで生産していたスポーツカーのシリーズです。スカイラインという名前は、1957年に登場したプリンス・スカイラインから引き継がれていますが、GT-Rはグランツーリスモ・レーシングの略で、レース用に開発された高性能モデルを指します。

スカイラインGT-Rは、6代目まで存在し、それぞれに独自の呼び名があります。

– 1代目:KPGC10(ハコスカ)
– 2代目:KPGC110(ケンメリ)
– 3代目:BNR32(R32)
– 4代目:BCNR33(R33)
– 5代目:BNR34(R34)
– 6代目:BNR35(R35)

スカイラインGT-Rは、その高い性能と美しいスタイルで、日本だけでなく世界中のカーファンから絶大な人気を得ています。特に、R32からR34までの3代は、日本のスポーツカーの黄金期とも言われる時代に登場し、数々のレースで活躍しました。また、映画やゲームなどのメディアにも多く登場し、カルチャーの象徴ともなりました。

スポンサーリンク

スカイラインGT-Rの魅力

スカイラインGT-Rの魅力は、その高い性能と美しいスタイルだけではありません。それぞれのモデルには、独自の特徴やストーリーがあります。ここでは、代表的なものをいくつか紹介します。

 ハコスカ

ハコスカは、スカイラインGT-Rの最初のモデルで、1969年に発売されました。ハコスカという名前は、箱型のボディーとスカイラインの頭文字を組み合わせたものです。ハコスカは、当時の日本のレースシーンで圧倒的な強さを見せ、49連勝という伝説を残しました。ハコスカは、日本のスポーツカーの先駆者として、多くのファンに憧れられています。

(引用:Motor-fun.jp)

 ケンメリ

ケンメリは、ハコスカの後継モデルで、1973年に発売されました。ケンメリという名前は、当時の日産のCMに出演していた俳優のケンとメリーから取られたものです。ケンメリは、ハコスカよりも大型で豪華なボディーを持ち、高速道路での快適性を重視していました。しかし、オイルショックの影響で、わずか197台しか生産されず、幻のGT-Rとも呼ばれています。ケンメリは、その希少性と美しさから、コレクターの間で高値で取引されています。

(引用:Motor-fun.jp)

 

R32

R32は、16年のブランクを経て、1989年に復活したスカイラインGT-Rです。R32は、日産の最先端技術を詰め込んだモデルで、直列6気筒のツインターボエンジンや、4輪駆動システム、4輪ハイキャパシティアクティブサスペンションなどを搭載していました。R32は、日本国内だけでなく、海外のレースにも参戦し、ポルシェやフェラーリなどの強豪を破りました。R32は、その圧倒的な速さから、ゴジラという異名を付けられました。R32は、日本のスポーツカーの最高峰として、世界的な評価を得ました。

SKYLINE GT-R(R32)

スカイラインGT-R (R32)  (引用:日産自動車)

 R33

R33は、R32の後継モデルで、1995年に発売されました。R33は、R32よりも大型で重量が増えましたが、それに伴って安定性や快適性も向上しました。R33は、R32と同じエンジンや4輪駆動システムを搭載していましたが、電子制御や空力などの改良により、性能も向上しました。R33は、ニュルブルクリンクで7分59秒という驚異的なタイムを記録し、市販車として初めて8分の壁を破りました。R33は、そのバランスの良さから、多くのファンに支持されました。

R34

R34は、R33の後継モデルで、1999年に発売されました。R34は、R33よりも小型で軽量になり、ボディーもよりシャープになりました。R34は、R33と同じエンジンや4輪駆動システムを搭載していましたが、さらに多くの電子制御や機能を備えていました。R34は、マルチファンクションディスプレイという画期的な装備を持ち、エンジンや車両の状態をモニターできました。R34は、その先進性と美しさから、映画やゲームなどのメディアにも多く登場し、カルチャーの象徴ともなりました。

R35

R35型GT-Rは、スカイラインGT-Rとの別れを告げ、日産の象徴として独立した。歴代最強のGT-Rであり、世界でもトップクラスの性能を誇る。最高出力600馬力のエンジンを搭載し、プレミアム・ミッドシップ(PM)プラットフォームと2ペダル式のセミAT、6速DCTを持つ。3.8リッターV6ツインターボエンジン(VR38DETT)は、静止状態からの加速性能や低速域でのコーナリング能力に優れる。高性能ながら1,000万円台で購入可能であり、実用性も考慮されている。

スポンサーリンク

 スカイラインGT-Rの盗難被害

スカイラインGT-Rは、その高い人気と価値から、盗難被害に遭うことが多くあります。特に、R32からR34までの3代は、海外での需要が高く、日本から不正に輸出されるケースもあります。また、盗まれた車は、部品として売られたり、別の車に乗り換えられたりすることもあります。

スカイラインGT-Rの盗難被害を防ぐには、以下のような対策が有効です。

– 防犯カメラや警備員のいる駐車場に停める
– イモビライザーやアラームなどの防犯装置を取り付ける
– 車体番号やエンジン番号などの識別情報を記録しておく
– 車の外観や内装に特徴的なカスタムを施す
– 車の所有権や登録情報を定期的に確認する

スカイラインGT-Rは、日本の自動車文化の宝物です。大切に乗りましょう。

スポンサーリンク

スカイラインGT-Rの海外での評価

スカイラインGT-Rは、日本だけでなく海外でも高い評価を得ています。特に、R32からR34までの3代は、海外のレースやメディアに多く登場し、日本のスポーツカーの代表として認知されました。

スカイラインGT-Rの海外での評価を高めた要因としては、以下のようなものが挙げられます。

– レースでの活躍:スカイラインGT-Rは、日本国内のレースだけでなく、オーストラリアやニュージーランドなどの海外のレースにも参戦しました。特に、R32は、オーストラリアのツーリングカー選手権で4年連続でチャンピオンになり、ゴジラという異名を付けられました。また、R33は、ニュルブルクリンクで8分の壁を破るタイムを記録し、市販車として初めてその快挙を成し遂げました。R34も、ニュルブルクリンクで7分41秒という驚異的なタイムを記録し、その速さを証明しました。これらのレースでの活躍は、海外のカーファンにスカイラインGT-Rの高い性能を知らしめました。

– 映画やゲームなどのメディアでの登場:スカイラインGT-Rは、映画やゲームなどのメディアにも多く登場し、その魅力を広く伝えました。特に、R34は、ハリウッド映画「ワイルド・スピード」シリーズに登場し、主人公の愛車として活躍しました。また、R34は、ゲーム「グランツーリスモ」シリーズにも登場し、その操作性やサウンドを体感できました。これらのメディアでの登場は、海外のカーファンにスカイラインGT-Rの美しさやカルチャーを知らしめました。

スカイラインGT-Rは、海外での評価が高いことから、多くの国で輸入されています。しかし、一部の国では、法律や規制の問題で、輸入が制限されている場合もあります。例えば、アメリカでは、25年ルールという法律があり、25年以上経過した車でないと輸入できないという制限があります。そのため、R32は2014年から、R33は2020年から、R34は2024年から輸入が可能になりました。このように、スカイラインGT-Rは、海外での需要が高く、輸入が解禁されると、価格が高騰することもあります。

スカイラインGT-Rは、日本のスポーツカーの最高峰として、海外でも高く評価されています。世界中のカーファンに愛されましょう。

スポンサーリンク

 スカイラインGT-Rの中古車市場と価格

スカイラインGT-Rは、その高い人気と希少性から、中古車市場でも高値で取引されています。特に、R32からR34までの3代は、生産台数が少なく、状態の良いものはほとんど残っていないため、価格が高騰しています。

スカイラインGT-Rの中古車市場と価格を調べるには、以下のような方法があります。

– インターネットの中古車サイトを利用する:インターネットの中古車サイトでは、スカイラインGT-Rの在庫や価格を検索できます。しかし、中古車サイトには、信頼できない業者や個人も存在するため、注意が必要です。また、中古車サイトには、最新の情報が反映されていない場合もあります。そのため、中古車サイトを利用する場合は、必ず直接連絡を取って、車の状態や価格を確認することが重要です。

– 専門の中古車販売店やオークションに行く:専門の中古車販売店やオークションでは、スカイラインGT-Rの在庫や価格を直接見ることができます。しかし、専門の中古車販売店やオークションには、一般の人が入れない場合もあります。また、専門の中古車販売店やオークションには、競争が激しく、価格が高くなる場合もあります。そのため、専門の中古車販売店やオークションに行く場合は、事前に予約や登録をすることが必要です。

– 専門の雑誌やブログを読む:専門の雑誌やブログでは、スカイラインGT-Rの中古車市場や価格の動向を知ることができます。しかし、専門の雑誌やブログには、個人の意見や偏見が入る場合もあります。また、専門の雑誌やブログには、最新の情報が掲載されていない場合もあります。そのため、専門の雑誌やブログを読む場合は、複数の情報源を比較して、客観的に判断することが大切です。

 

スカイラインGT-Rの中古車市場と価格は、需要と供給のバランスによって変動します。そのため、スカイラインGT-Rを購入する場合は、常に市場の動向に注意し、適切なタイミングで購入することが重要です。

スポンサーリンク

 スカイラインGT-Rのカスタムやチューニング

スカイラインGT-Rは、その高い性能と美しいスタイルに満足している人も多いでしょうが、中には、自分の好みや目的に合わせて、カスタムやチューニングをする人もいます。スカイラインGT-Rのカスタムやチューニングには、以下のような方法があります。

– 外観を変える:スカイラインGT-Rの外観を変えるには、ボディーカラーやホイール、エアロパーツなどを変更することができます。外観を変えることで、車の個性や印象を変えることができます。また、外観を変えることで、空力性能や重量などにも影響を与えることができます。外観を変える場合は、自分の好みや目的に合わせて、適切なパーツを選ぶことが大切です。

– 性能を上げる:スカイラインGT-Rの性能を上げるには、エンジンやターボ、サスペンション、ブレーキなどを強化することができます。性能を上げることで、車の加速やコーナリング、制動などを向上させることができます。また、性能を上げることで、レースやドリフトなどの走りを楽しむことができます。性能を上げる場合は、自分の目標や予算に合わせて、適切なパーツを選ぶことが大切です。

– 機能を増やす:スカイラインGT-Rの機能を増やすには、ナビゲーションやオーディオ、セキュリティなどを追加することができます。機能を増やすことで、車の快適性や安全性を向上させることができます。また、機能を増やすことで、ドライブや旅行などの楽しみを増やすことができます。機能を増やす場合は、自分のニーズや互換性に合わせて、適切なパーツを選ぶことが大切です。

 

 

スカイラインGT-Rのカスタムやチューニングは、自分の好きなように車を変えることができる楽しみのひとつです。しかし、カスタムやチューニングには、法律や規制の問題や、車の保証や保険の問題などもあります。そのため、カスタムやチューニングをする場合は、必ず専門のショップや業者に相談し、適切な方法で行うことが重要です。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、スカイラインGT-Rについて、その魅力や盗難被害の実態、海外での評価、中古車市場や価格、カスタムやチューニングなどの情報をまとめてみました。スカイラインGT-Rは、日本の名車として、多くのカーファンに愛されています。スカイラインGT-Rに興味のある方は、ぜひこの記事を参考にしてください。

 

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました